新潟市北区、豊栄の歯医者・歯科

〒950-3323 新潟県新潟市北区東栄町1-12-9
JR白新線「豊栄駅」南口より徒歩20分

診療時間
9:00~12:30 ×
14:30~19:00 × ×

△:9:00~14:30
休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

025-388-1111

当院の虫歯治療

痛みの少ない治療への取り組み

痛みが苦手なために、歯科への受診をためらっている患者さまを一人でも多く救いたい。当院ではその想いから、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療に取り組んでいます。

治療中の痛みを軽減するためには麻酔をかけますが、そもそもこの麻酔自体が痛いといわれる方も多いのが事実です。そこで麻酔注射の痛みが少なくなるよう、注射の打ち方を工夫しています。

まず注射の針が刺さる時の痛みを少なくするために、歯ぐきに塗るタイプの「表面麻酔」を使用。歯ぐきにあらかじめ麻酔をかけ、注射を打った時の痛みを軽減します。また、注射針は細ければ細いほど痛みが少なくなるため、日本で入手できる針の中で一番細いものを採用しています。

そして、麻酔液を少しずつ時間をかけてゆっくり注入。少量ずつゆっくりと麻酔液を注入していくと、痛みを感じにくくなります。手動での注入速度の調節は、積み重ねてきた経験によるところが大きいテクニック。当院の院長は30年以上(※)の経験で、痛みを感じにくい速度で麻酔液を注入することが可能です。

(※2020年現在)

なるべく削らない治療

歯は削れば削るほどもろくなり、虫歯が再発しやすくなってしまいます。患者さまの歯を長持ちさせるためには、なるべく削らない方が良いのです。

そこで当院では、虫歯に侵されていない健康な歯の部分をなるべく削らず、虫歯の部分だけを削る「MI(ミニマルインターベンション)治療」に取り組んでいます。

歯を削る時には、拡大鏡と呼ばれる歯科用の虫眼鏡を使用。拡大鏡は歯を大きく拡大して見ることができるため、誤って削りすぎることがありません。また「う蝕検知液」という、虫歯に侵された部分だけを識別できるお薬を使って、虫歯に侵された部分を明確化し、そこだけを削るようにしています。

実際に歯を削る際には、削りすぎを防ぐために、MI治療用の極細のバー(歯を削る器具)を用います。少しずつ丁寧に削り、虫歯に侵されていない組織はできるだけ残せるように治療を進めていくのです。

患者さまの歯を少しでも長持ちさせるために、こうした工夫でなるべく削らない治療に取り組んでいます。

虫歯治療の流れ

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

025-388-1111

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前:9:00~12:30
午後:14:30~19:00
△:9:00~14:30

休診日:日曜・祝日

025-388-1111

〒950-3323
新潟県新潟市北区東栄町1-12-9
JR白新線「豊栄駅」南口より徒歩20分